スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化は二酸化炭素のせいではない!

hokkyokuguma.jpg
写真=ノアバート・ロージング

NHK教育TVの番組表を見て驚いた。
地球温暖化の原因であるCo2を減らすため、今日午前中の放映を止めるという

Co2が温暖化の原因である確実な科学的根拠はありません。
地球温暖化の原因は太陽活動の活発化によるもので、二酸化炭素の増加はその結果と見るほうが自然です

化石燃料による二酸化炭素の温室効果によって、20世紀の100年間に地球の平均気温が0.6度上昇したと言われています。

しかし、0.6度の内、0.4度までは1940年までに上がり、経済活動が巨大化したその後の60年以上は、わずか0.2度しか上がっていません。これをどう説明するのでしょう。。


次の表をご覧ください。(クリックすれば大きくなります)
この表は気温の変化とCo2濃度の関係を表しています。
ポイントは気温が上昇して、半年から1年後にCo2が増えていることです。
Co2が増えたから気温が上昇しているのではありません!


f008.gif


次の表は太陽黒点数と平均気温の関係を表しています。
太陽黒点数は太陽活動の活発さを表すものであり、太陽活動の活発化によって、平均気温が上昇していることを示しています。


kokuten.jpg

次の表は海水温と太陽黒点数の相関関係を表しており、太陽活動の活発化によって海水温が上昇していることを示しています。クリックすれば大きくなります

海水温度が上昇することにより、海水中のCo2が大気中に放出されます。
生ぬるいビールは泡がブクブク出るのに対し、冷えすぎたビールは泡が出ません。気体は温度が上がるほど放出されます。


f005.jpg


温室効果ガスの97%は水蒸気です。
  
水蒸気量と気温の関係は、冬のよく晴れた日の翌朝、大気中の水蒸気が少ないため放射冷却で冷え込むことで理解できます。
温室効果ガスに占めるCo2の比率は0.03%に過ぎません。


3.gif

houwakyokusen.jpg

地球温暖化二酸化炭素説は、二酸化炭素の排出権売買や先進国が既得権を確保するために意図的に作り上げたものです。

参考:「炭酸ガスが世界を救う」ーぜひお読みください。
二酸化炭素ミステリー
二酸化炭素温暖化脅威説批判
科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている
環境問題の嘘
地球温暖化のエセ科学
地球温暖化に対する懐疑論
スポンサーサイト

テディー・ベアからのメッセージ

347243151_612b1d9d8e.jpg


読むたびに心に残るブログがあります。
アンティーク・テディー・ベア作家でエッセイストであるHifumiさんのブログです。

そのエッセイは平明で静かな言葉が積み重ねられていて、情景や心の機微が抑制された表現で語られています。一読後、ファンになりました。

きっとHifumiさんの心の風景にきつい色や余分な飾りがないせいでしょう、静かなバッハの小曲を聴いた後のように、いつも読後に満たされた余韻が残ります。

そんな読後の感想を何度かメールでやりとりしていましたが、Hifumiさんが私の故郷、山口県の岩国出身であることが分かり、二人とも奇遇に驚きました。
Hifumiさんは現在アメリカに在住されていますが、育った原風景が一緒だと時間や距離を越えた親近感が生まれます。

テディー・ベアのファンだけでなく、多くの人に読んでほしいブログです。
こんな感性の人が作るアンティーク・テディー・ベアは、きっとつらい時の慰め、うれしい時の友になることでしょう。

Hifumiさんのブログです
*123 Wade Bears*

不要ペット回収車」全面廃止の署名運動です 匿名やニックネームでも署名出来ます。

動物の命は不要物ではありません。人間として許されないことです。
是非、署名にご協力下さい。

イエスの誕生日

jeus.jpg

人類史上の偉大な宗教的指導者としてキリストと仏陀があげられます。

イエスの生まれた当時のイスラエルはユダヤ教とローマの支配下にあり、イエスは誕生から死に至るまで多くの迫害を受けました。その迫害に抗して真理を説き、奇跡を行いましたが、最後は十字架上の死で生涯を終えました。大工の息子イエスは十字架からの復活によって初めてキリスト(救世主)であったことが理解されました。

ルカによる福音書(だったか)で、イエスが十字架上で、「主よ、なぜ私を見捨てたまうのですか」と言ったとありますが、疑問に思います。イエスは十字架ではりつけになり命を終えることを、肉体を持つ前から分かっていた(決めていた)のではないかと思います。
真理を伝える為には、自分の肉体を最も残酷な方法で犠牲にする覚悟があったのでしょう。

一方、仏陀はコーサラ国の王子、ゴーダマ・シッダルタとして生まれ、何不自由ない生活の中で生老病死の疑問をいだき出家しました。八正道に基づく反省で、調和(中道)が宇宙の法則であると悟った後、仏陀(悟った人)として多くの衆生に真理を説きました。真理の流布に当たっては近隣の国からも仏陀として尊敬され、最後は弟子に見守られて肉体を去りました。

イスラエルの過酷な状況とインドの気候風土の違いによるものでしょうが、イエスのドラマティックな生涯と神秘性が、国を超えてクリスマスを祝う背景になっているのでしょう。

これから人類は厳しい時代を迎えることになるでしょう。
今夜は宗教を越えて、神への感謝と許しの祈りを捧げたいと思います。

キャスリーン・フェリアー 『神の御子は』


国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」

田七人参の最高峰 「しらい田七人参定期購入会員」のお問い合わせ




アフィリエイト


消費者金融




天才志村どうぶつ園ー動物と話す女性

005.jpg

「天才 志村どうぶつ園」で、動物と話す女性が犬や猫の思いを伝えてくれます。涙無しには見られません。

中でも、交通事故で亡くなった象使いの少年に対して、象が取る行動と流す涙に胸を突かれました。
「命は人を癒す」で書きましたように、なぜ大脳の発達していない動物と人間が同じような感情を持ち、心を通わせることができるのか不思議です。魂の交流と言うしかありません。

この象の映像がずっと心に残っていて、探してみたらYoutubuにありましたのでご紹介します。
まだ見られていない方は是非ご覧下さい。
感動します。





「寝たきりの犬」は今回初めてみました。自分の思いを伝えようと立ち上がる犬がけなげです。
わが家のネザーランド種のウサギも7歳を超えて斜頚になってしまいました。人間で言えば寝たきりの状態ですが、それでも手をなめて必死に愛情を伝えます。
犬畜生という不当な言い方がありますが、動物の方が純粋です。

そうだニャン、そうだワン!







忘れられた偉人ーこんな素晴らしい日本人がいた(2)

前回の「忘れられた偉人」を先にご覧下さい。

s815.jpg
佐久間艇長(TBSブリタニカ)

少し長い遺書ですが、ぜひ一度お読みください。

沈没した潜水艇の中で、有毒ガスによる呼吸困難に絶えながら書いた遺書です。

このような日本人はもう現れないと思います。


<佐久間艇長の遺書>

「小官の不注意により 陛下の艇を沈め 部下を殺す、誠に申し訳なし、
されど艇員一同、死に至るまで 皆よくその職を守り 沈着に事を処せり

我れ等は国家のため職に倒れしといえども ただただ遺憾とする所は
天下の士はこれの誤りもって将来潜水艇の発展に打撃をあたうるに
至らざるやを憂うるにあり、
願わくば諸君益々勉励もってこの誤解なく将来潜水艇の発展研究に
全力を尽くされん事を
さすれば我ら等一つも遺憾とするところなし、

沈没の原因
ガソリン潜航の際 過度探入せしため「スルイスバルブ」を締めんとせしも
途中チエン切れよって手にて之を閉めたるも後れ後部に満水せり
約二十五度の傾斜にて沈降せり

沈据後の状況
一、傾斜約仰角十三度位
一、配電盤つかりたるため電灯消え電纜燃え悪ガスを発生 
呼吸に困難を感ぜり、
十四日午前十時頃沈没す、

この悪ガスの下に 手動ポンプにて排水につとむ、
一、沈下と共にメインタンクを 排水せり灯り消えゲージ見えざるども 
「メインタンク」は 排水し終われるものと認む

電流は全く使用するにあたわず、電液は溢れるも少々、海水は入らずクロリンガス発生せず、
残気は五百ポンド位なり、ただただ頼む所は手動ポンプあるのみ、
「ツリム」は安全のため、ヨビ浮量六百 モーターの時は二百位とせり、
右十一時四十五分
司令塔の灯りにて記す

溢入の水に浸され乗員大部衣湿ふ寒冷を感ず、
余は常に潜水艇員は沈着細心の注意を要すると共に大胆に行動せざれば
その発展を望むべからず、
細心の余り萎縮せざらん事を戒めたり、
世の人はこの失敗を以てあるいは嘲笑するものあらん、
されど我は前言の誤りなきを確信す、

一、司令塔の深度は五十二を示し、排水に努めども十二時までは底止して動かず、
この辺深度は十尋位なれば正しきものならん、
一、潜水艇員士卒は抜群中の抜群者より採用するを要す、
かかるときに困る故、
幸い本艇員は皆良くその職を尽くせり、満足に思う、

我は常に家を出ずれば死を期す、
されば遺言状は既に「カラサキ」引き出しの中にあり
(これ但し私事に関する事を言う必要なし、田口浅見兄よ之を愚父に致されよ)

公遺言
謹んで陛下に申し上げます、
我が部下の遺族をして窮するもの無からしめ給わらん事を、
我が念頭に懸かるものこれあるのみ、

左の諸君によろしく(順序不順)
一、斎藤大臣 一、島村中将 一、藤井中佐 一、名和少尉 一、山下少将 一、成田少将
(気圧高まり鼓膜を破らるる如き感あり)
 
一、小栗大佐 一、井出大佐 一、松村中佐(純一)  一、松村大佐(竜)
一、松村少佐(菊)(小生の兄なり) 一、船越大佐、 一、成田鋼太郎先生 一、生田小金次先生

十二時三十分 呼吸非常に苦しい
ガソリンをブローアウトせしつもりなれども、
ガソソリンにようた
一、中野大佐、
十二時四十分なり、」

isyo-1.jpg
(クリックすれば画像が大きくなります)

佐久間艇長の恩師、成田先生の言葉。
「これを読みて、予は感極まりて泣けり。今泣くものは、その死を悲しめるにあらざるなり。その最期の立派なりしに泣けるなり。」

イギリスの『グローブ』紙.
「この事件で分かることは、日本人は体力上勇敢であるばかりか、道徳上、精神上にもまた勇敢であることを証明している。今にも昔にもこのようなことは世界に例がない」

この遺言に感動した夏目漱石は、病床から佐久間艇長を讃える一文を寄稿しました。
与謝野晶子も10余首の短歌を詠んでいます。

   「海底の 水の明りにしたためし 
         永き別れの ますら男の文」

   「海に入り 帰りこぬ人十四人 
          いまも悲しき もののふの道」

この無私の心で書かれた遺言に対して言うべき言葉はありません。
付記したいのは、佐久間艇長だけではなく、他の13人の名も無き部下も、見事に死を受け入れていることです。
当時の日本人が、どれだけ立派な心の教育を受けていたかを示すものです。

参考:「第六号潜水艇
佐久間艇長の遺書全文


このブログはリンクフリーです。




国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」

忘れられた偉人ーこんな素晴らしい日本人がいた

navy-rokugo18.jpg

丹養塾幼稚園児の素晴らしさで思い出した人がいます。
佐久間艇長です。

私が生まれたのは錦帯橋のある山口県の岩国市です。岩国港に近い山の中腹に記念碑があり、それが佐久間艇長の記念碑だと子供の頃に教えられました、しかし、その偉大さを知ったのはずっと後年になってからです。

佐久間艇長のことを知る人はほとんどいません。
忘れ去られた偉大な日本人のことをご紹介したいと思います。

明治43年、佐久間艇長の指揮する潜水艇が岩国の新湊沖で沈没しました。その頃、世界的に潜水艦事故が相次いでおり、潜水艦を引き上げハッチを開けると、乗組員がハッチの回りに殺到して、我先に逃げようとして死んでいるのが見つかっていました。

潜水艦事故は悲惨な死です。
そのため、ハッチを開ける際には駆けつけた遺族は立会いを許されませんでした。ところがハッチを開け中に入ると、艇長以下14名はそれぞれが持ち場に着き、自分の任務を最後までまっとうしながら死んでいるのが発見されました。
引き揚げられた潜水艇を検分した吉川中佐は、それを見て号泣し、泣き崩れたと言います。

更に驚いたのが佐久間艇長の遺書でした。

ガソリンが充満し、息苦しく意識が遠のく中で書かれた遺書には、部下を死なせてしまったことへの謝罪、部下が最後まで沈着に任務をまっとうした事、この事故が将来潜水艇の発展の妨げにならないよう願うこと、沈没の原因とその後の処置、最後に公遺言として、部下の遺族が生活に困窮しないことを明治天皇にお願いしていました。

その内容は、翌日の新聞紙上で発表され、更には世界に伝わり感動の嵐を巻き起こしました。
佐久間艇長の遺書のコピーと英訳は、ホワイトハウスの独立宣言の近くに展示されていました。
イギリス海軍では現在も潜水艦乗組員の範として伝えられています。

佐久間艇長の遺書は次回ご紹介します


navy-rokugo03.jpg

国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」


忘れられた偉人ーこんな素晴らしい日本人がいた(2)

前回の「忘れられた偉人」を先にご覧下さい。

s815.jpg

少し長い遺書ですが、ぜひ一度お読みください。

沈没した潜水艇の中で、有毒ガスによる呼吸困難に絶えながら書いた遺書です。

このような日本人はもう現れないと思います。


<佐久間艇長の遺書>

「小官の不注意により 陛下の艇を沈め 部下を殺す、誠に申し訳なし、
されど艇員一同、死に至るまで 皆よくその職を守り 沈着に事を処せり

我れ等は国家のため職に倒れしといえども ただただ遺憾とする所は
天下の士はこれの誤りもって将来潜水艇の発展に打撃をあたうるに
至らざるやを憂うるにあり、
願わくば諸君益々勉励もってこの誤解なく将来潜水艇の発展研究に
全力を尽くされん事を
さすれば我ら等一つも遺憾とするところなし、

沈没の原因
ガソリン潜航の際 過度探入せしため「スルイスバルブ」を締めんとせしも
途中チエン切れよって手にて之を閉めたるも後れ後部に満水せり
約二十五度の傾斜にて沈降せり

沈据後の状況
一、傾斜約仰角十三度位
一、配電盤つかりたるため電灯消え電纜燃え悪ガスを発生 
呼吸に困難を感ぜり、
十四日午前十時頃沈没す、

この悪ガスの下に 手動ポンプにて排水につとむ、
一、沈下と共にメインタンクを 排水せり灯り消えゲージ見えざるども 
「メインタンク」は 排水し終われるものと認む

電流は全く使用するにあたわず、電液は溢れるも少々、海水は入らずクロリンガス発生せず、
残気は五百ポンド位なり、ただただ頼む所は手動ポンプあるのみ、
「ツリム」は安全のため、ヨビ浮量六百 モーターの時は二百位とせり、
右十一時四十五分
司令塔の灯りにて記す

溢入の水に浸され乗員大部衣湿ふ寒冷を感ず、
余は常に潜水艇員は沈着細心の注意を要すると共に大胆に行動せざれば
その発展を望むべからず、
細心の余り萎縮せざらん事を戒めたり、
世の人はこの失敗を以てあるいは嘲笑するものあらん、
されど我は前言の誤りなきを確信す、

一、司令塔の深度は五十二を示し、排水に努めども十二時までは底止して動かず、
この辺深度は十尋位なれば正しきものならん、
一、潜水艇員士卒は抜群中の抜群者より採用するを要す、
かかるときに困る故、
幸い本艇員は皆良くその職を尽くせり、満足に思う、

我は常に家を出ずれば死を期す、
されば遺言状は既に「カラサキ」引き出しの中にあり
(これ但し私事に関する事を言う必要なし、田口浅見兄よ之を愚父に致されよ)

公遺言
謹んで陛下に申し上げます、
我が部下の遺族をして窮するもの無からしめ給わらん事を、
我が念頭に懸かるものこれあるのみ、

左の諸君によろしく(順序不順)
一、斎藤大臣 一、島村中将 一、藤井中佐 一、名和少尉 一、山下少将 一、成田少将
(気圧高まり鼓膜を破らるる如き感あり)
 
一、小栗大佐 一、井出大佐 一、松村中佐(純一)  一、松村大佐(竜)
一、松村少佐(菊)(小生の兄なり) 一、船越大佐、 一、成田鋼太郎先生 一、生田小金次先生

十二時三十分 呼吸非常に苦しい
ガソリンをブローアウトせしつもりなれども、
ガソソリンにようた
一、中野大佐、
十二時四十分なり、」

isyo-1.jpg
(クリックすれば画像が大きくなります)

佐久間艇長の恩師、成田先生の言葉。
「これを読みて、予は感極まりて泣けり。今泣くものは、その死を悲しめるにあらざるなり。その最期の立派なりしに泣けるなり。」

イギリスの『グローブ』紙.
「この事件で分かることは、日本人は体力上勇敢であるばかりか、道徳上、精神上にもまた勇敢であることを証明している。今にも昔にもこのようなことは世界に例がない」

この遺言に感動した夏目漱石は、病床から佐久間艇長を讃える一文を寄稿しました。
与謝野晶子も10余首の短歌を詠んでいます。

   「海底の 水の明りにしたためし 
         永き別れの ますら男の文」

   「海に入り 帰りこぬ人十四人 
          いまも悲しき もののふの道」

この無私の心で書かれた遺言に対して言うべき言葉はありません。
付記したいのは、佐久間艇長だけではなく、他の13人の名も無き部下も、見事に死を受け入れていることです。
当時の日本人が、どれだけ立派な心の教育を受けていたかを示すものです。

参考:「第六号潜水艇
佐久間艇長の遺書全文


ノーベル賞授賞式を日本語で通した益川さん

20081211k0000m040136000p_size5.jpg

ノーベル物理学賞の益川さんが受賞式を日本語で通しました。益川さんを見ていると「偏屈者」という言葉が浮かんできますが、自分を飾らない正直な人なのだと思います。日本語で通されたことも返って好意的に見られました。
このことをNHKラジオが、「国家の品格」の著者でお茶の水女子大学教授の藤原正彦さんにインタビューしていました。

藤原さんは偏らない意見を述べる方で、今耳を傾けなければならない代表的な日本人だと思います。
(藤原正彦さんの意見は以前のブログ、「韓国メディアが分析する日本の基礎科学の成功」でもご紹介していますのでご参照ください。)

藤原正彦さんのコメントです。

「益川さんは留学経験がなく、日本の理論物理学のレベルの高さを証明しています。益川さんは英語が話せないことを、まったく卑屈に思っていません。ヨーロッパではイギリス以外、英語が国際語となっていることを不快に思っています。言葉の侵略は文化の侵略です。」

「数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞を1954年に受賞した小平邦彦さんは、アメリカのプリンストン高等研究所に18年いましたが、英語は余りしゃべれませんでした。しかし小平さんが何かしゃべろうとすると、まわりの人たちが背をかがめ、小柄な小平さんの意見を聞き逃すまいと真剣に聞いていました。」

「英語は道具であって、話せること自体に意味はありません。小学校からの英語教育を90%の人が肯定していますが、そうなれば英語50%、日本語も50%しかできない価値のない人間になります。
日本語が100%か、英語が100%でなければ専門分野を追求することはできません。日本語で古典や文学や芸術を深く知る方が、英語ができることより価値があります。」

「たとえ軍事や経済力で世界を500年支配したところで、尊敬される国にはなりません。尊敬を集めるのは文化や芸術です。」


要は人間性です。いくら外国語ができても人間的に価値がなければ、どこの国に行っても相手にされません。
教育の原点は豊かな人間性を作ることです。このことを考えずに英語教育に夢中になっても、世界から相手にされない人間を作り出すだけです。

目が見えない母の手を引く子

21cid_208EC5D1-8CF7-11DB-8D08-0004E2026382.jpg

先日の朝、渋滞気味の信号で停車していると、前から歩いてくる親子が見えました。
母親は白い杖を手にしており目が見えません。幼稚園の服を着た女の子が、杖を持った母親の手を引いていました。
母親はすこし顔をしかめており、その光景を見て瞬間的に思ったのは、この親子がこれから先に通らなければならない様々な苦労や困難のことでした。
目が見えない母親の手を引く幼稚園児には、けなげさと共に痛々しさを感じました。

ところがその親子との距離が縮まり幼稚園児の女の子を見ると、その表情には目の見えない母親の手を引いて歩く恥ずかしさや気後れの様子がまったく見られず、しっかりと前を向き、むしろ毅然として母親の手を引いていました。
幼い心で、自分がしっかり母親を支えなくてはいけないと考えているのでしょう。

その姿を見て、この子はどんな困難でも乗り越え、強く思いやりのある子に育ち、決して母親を悲しませる子供にはならないだろうと感じました。
救われた思いでした。

「経済的に貧しく、精神的に豊かな家庭が立派な子供を育てる」というロシアのことわざがあります。
トルストイの『戦争と平和』には、「一切の不幸せは、貧しさや不足から生じるのではない。あり余る所から生ずるのだ」との一節があります。

経済的な困難だけでなく、ハンディキャップや苦境を乗り越えることによってしか得られない人間としての成長があります。

目の見えない母親の手を引く幼稚園児が、与えられた困難を乗り越え、幸せな人生を送ることができるよう願わずにいられませんでした。

6歳児の書いたお別れの言葉ー丹養塾幼稚園 続き

小さな人生論〈2〉「致知」の言葉小さな人生論〈2〉「致知」の言葉
(2005/10)
藤尾 秀昭

商品詳細を見る


<その後分ったこと>
あの池田小学校の無残な事件の折、先生たちがパニックになり右往左往していた時に、3人の子供が相談して110番しました。
この子供たちは丹養塾幼稚園の卒園生でした。
残念ながら、園長先生が亡くなられた後、丹養園幼稚園は運営されていません。


「お別れの言葉」をもらった園長先生は、吉田良次先生といいます。
吉田良次さんは、兵庫県伊丹の農家の後継ぎに生まれました。師である安岡正篤に出会ったのが昭和24年、18歳の時でした。
「自分の人生は一介の農民としてこのまま終わっていいのか」という煩悶が師の門を叩かせたのです。
以来、吉田さんは農業に励む傍ら安岡師の教えを得て、古典の教えを学びました。

吉田さんはその学びを少しでも後世に伝えたいと考え、自宅の納屋を改築して、「丹養塾幼稚園」という保育園を開設しました。
そして古典の徹底した素読教育を実践したのです。

 園児たちの1日は、朝30分の勤行(ごんぎょう)から始まります。本居宣長などの「和歌」や三輪執斎の「憤」など古典の名言を唱和します。意味や解説は教えず、吉田さんが先頭に立ってとにかく朗誦し、その後を子供たちが唱和します。
ただその繰り返しが驚くべき力を発揮したのです。

1年もしないうちに、どの子も古今の名言をすらすらと朗誦するようになったのです。それだけではありません。新しく入ってきた子は年上の子に倣って朗誦するようになります。
そして、いつか漢字まじりの原文を読み、書き、意味を理解するようになっていきます。

どうしてこんな驚くべき教育ができたのか、 重要なポイントを整理します。

1.素読の重要性

古典を原文のまま繰り返し素読することによって、原文の持つ格調やリズムを覚える。

2.丸暗記の重要性
素読によって暗記したことは成長過程でその意味を理解し、気づきや指針となる。

3.幼児期に本物を教える
子供の能力に限界はありません。バッハの音楽を聴いて育てばバッハが好きになり、名演奏を聴かせれば名演奏に感動できる感受性が育ちます。
よく引き合いに出すバイオリンの「スズキメソード」は、バイオリンを始めたばかりの子供たちに巨匠の名演奏を聴かせます。古典の素読と同じ意味です。

6歳児の書いたお別れの言葉ー丹養塾幼稚園

小さな人生論〈2〉「致知」の言葉小さな人生論〈2〉「致知」の言葉
(2005/10)
藤尾 秀昭

商品詳細を見る






 致知出版社刊行の藤尾秀昭著「小さな人生論2」のなかに、ある幼稚園の園長先生が亡くなった際、6歳の女の子が書いたお別れの言葉が紹介されています。
とても6歳児が書いた文章とは思えないほどしっかりした内容に心を打たれます。

『お別れの言葉
園長先生、歩未の声が聞こえますか。2歳10ヶ月の時、丹養塾幼稚園に入園してから、漢字、算盤(そろばん)、諺、俳句、花園文庫、伝記、少年日本史朗誦選集など、園長先生には沢山の事を教えて頂きました。

毎日一生懸命勉強して南宋の文天(ぶんてん)祥(しょう)の正氣(せいきの)歌(うた)を暗誦できるようになった時も、算盤の大会でトロフィーを貰って来た時も、園長先生はとても喜んで褒めて下さいました。

それから園長先生は色々なところに連れて行って下さいました。北海道巡歴研修でクラーク博士の像の前で「青年と大志」を朗読した事、青森文字色駅のデパートの軒先で野宿をした事、北陸巡歴研修で、永平寺で座禅をした事、橋本左内の銅像の前で啓発録(けいはつろく)を読んだ事、沢山の楽しい思い出があります。

他にも、親子教室甲山の遠足、運動会、お餅つき、立志集、卒園式、小音楽会、桃太郎の劇など園長先生に教えて頂いた素晴らしい思い出が沢山出来ました。

これから園長先生は天国へ行って、私達の事を見守っていてください。

私達は、園長先生に教えて頂いた事をいつまでも忘れず深くさぐって強く引き出す人になります。天から受けたものを天にむくいる人になります。そして、この世に役立つ人になります。園長先生、ありがとうございました。 

平成15年11月23日 園児代表 吉田歩未』




「私達は、園長先生に教えて頂いた事をいつまでも忘れず、深くさぐって強く引き出す人になります。天から受けたものを天にむくいる人になります。そして、この世に役立つ人になります。園長先生、ありがとうございました。」

こんな表現が6歳児にできるのです。園長先生の教育のすばらしさに心を打たれます。
親や先生が引き出せば、子どもの能力には限りがないのです。

橋本左内が啓発録を書いたのは14歳の時でした。人に見せる為ではなく、自分を戒め、向上さすための自戒録として書かれています。
昔、12歳から15歳位の間に元服式を行い、大人として自立する覚悟を決めましたが、20歳の成人式が何の意味も持たない現在と比べて、かっての日本人の素晴らしさを痛感する文章です。

つづく




生命は人を癒す

21cid_208EC5CA-8CF7-11DB-8D08-0004E2026382.jpg

植物であれ、動物であれ、生命あるものには癒しの力があります。

なぜ生き物に人を癒す力があるかと言えば、命には意識があるからでしょう。
動物は勿論、植物にも意識があることが電流計を使って実験できます。
植物に対して、枯らしてしまうぞ、ちょん切ってしまうぞと思えばテスターの針が大きく振れます。
別の実験もできます。同じような鉢植えの花を用意し、一方にはかわいいね、元気で育ってと声を掛け、一方には枯れてしまえと声を掛ければ生育が変わります。経験された方もいらっしゃるでしょう。

ペットがかわいいのはペットの心と人の心が通い合うからですね。ネザーランド種のウサギを飼っていますが、ねずみと同じげっ歯類のウサギが、なぜ人間とここまで心が通い合うか不思議に思います。
心が大脳にあるとしたら、人間とウサギが同じような感情を持っていることをどう説明するのでしょうか。

ドイツのマックス・プランク脳研究所を経て、ある国立大学の医学部で大脳生理学の教授をしている知人がいます。優秀な研究者でありながら、率直で謙虚で人の意見に耳を傾ける人です。学者としてだけでなく、人間として尊敬していますが、この方に大脳生理学で一番の謎が何かを聞いたところ「意識」だと言います。

大脳をいくら研究しても意識がどうして生まれてくるか説明できません。率直な科学者であれば、皆同じことを言うはずです。

癒しの本質が何かと言えば、「愛」と言うしかありません。
意識の中でも、怒りや恨みや不平不満ではなく、お互いに通い合う愛の意識が癒しの力となります。
疲れた心、寂しい心が求めるのは愛の安らぎや充足です。
愛は調和をもたらします。

死と対比したとき、生き物の命はすべてひとつです。原始的な生命体であれ、植物であれ、人間であれ、そのあり様はすべて共通しています。宇宙の根源の意識(神)の命が様々な生命体として宿っていると考えざるを得ません。

下の動画は小鹿と野ウサギが心を通わせあうほほえましい様子です。




オマケ。動画のタイトルは「指揮をするツネオ」です。癒されると言うより笑えるネコです。


にほんブログ村 うさぎブログへ 


このブログはリンクフリーです。
田七人参の最高峰 「しらい田七人参定期購入会員」のお問い合わせ


ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com
Tag: 癒し

裁判員の通知

12angrymen1.jpg

家内の二人の知り合いに裁判員の通知が届きました。裁判員に当たるのは宝くじで1万円に当たるよりも確立が高いと言われています。宝くじなら、たとえ1000円でも当たる気がしませんが、こちらはイヤでも当ってきそうです。

身近な人に立て続けに通知が来るのを見ると、明日は我が身と覚悟をした方が良さそうです。
二人とも断る理由を探しています。人を裁きたくないからです。
仕事や家事で忙しい所に舞い込んで来る通知は、まさに現代の赤紙です。

しかし、なぜ日本に裁判員制度を導入したのか、どうして素人に人を裁くことをゆだねるのか理解できません。何事であれ、プロの経験は素人が真似できるものではありません。
学歴や職歴、価値観の違う様々な人々に人を裁かせるのであれば、そもそも司法試験に受かった人間だけが法廷に立てる制度の意味がゆらいでくるしょう。

裁判員制度で思い出すのは「12人の怒れる男たち」という映画です。見事に陪審員制度の危険性を描いていました。アメリカ映画に法廷ものが多いのも、陪審員制度の欠陥がドラマになるからかも知れません。

オージェイ・シンプソンの無罪判決など、あれだけ証拠がそろっている事件の、どこをどう見れば無罪になるのでしょうか。素人に判断を委ねれば、個人的な偏見や感情が客観的証拠よりも優先するかも知れません。
極端な例を挙げれば、鬼のような顔をしているおばさん(おじさんでも良いが)と、やさしそうな顔をした女性がいた場合、そこに心情を入れずに判断することは難しいと思います。(少なくとも私は)

「裁判員制度」はアメリカの要求によって実施されたものです。アメリカは毎年日本に対して、今年はああしろ、こうしろと言う要求を突きつけています。「年次改革要望書」です。郵政民営化もこの結果ですが、この中に司法改革が盛り込まれています。日本はアメリカの要求(命令)を100%忠実に実行しています。
裁判員制度の目的は、一般の人たちを裁判に慣れさせることによって、日本をアメリカのような訴訟社会にさせ、弁護士の仕事を増やすことにあります。

すべての原因は自分にあると考え、反省することによって人は成長し、社会は調和します。
一般的に民事裁判は、自分の非を認めず、どれだけ相手方の責任にするかを競う争いです。
当面の問題解決にはなりますが、そのトラブルに至った原因が自分にないか考えなければ、調和された社会は実現できないでしょう。


このブログはリンクフリーです。
国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」

田七人参の最高峰 「しらい田七人参定期購入会員」のお問い合わせ

大麻は本当に悪者か(続き)

 afe1ef007c926a2a.jpg

今回はヘンプ(大麻)のプラスチックや食品用途についてご紹介します。

フランスにヘンプ繊維を生産しているSANECOという会社があります。
7~8年前、その会社の人が来日した折に訪ねて来られました。その時、ベンツを始めとするヨーロッパの自動車メーカーが、すでにヘンプを自動車のプラスチック代替に使い始めていると言っていました。

ヘンプをそのままではなく、プラスチックに混ぜて使います。ヘンプはかって帆船の帆や係留ロープなどに使われていたほど強靭で、ヘンプを使うとプラスチックは耐衝撃性が向上すると共に、生分解性が早まるため短期間で土に返すことができます。
量産自動車のさきがけであったT型フォードの初代モデルはヘンプ・オイルで走るように作られており、自動車自体にもヘンプが使われていました。



ヘンプの種子にはたんぱく質と脂肪が豊富に含まれており、優れた油をとることができます。この油には2種類の必須脂肪酸が含まれています。ヘンプを大量に栽培すれば、紙や衣服やプラスチックの原料になるだけでなく、食品としても様々な用途があり、今後の食料危機に対応できます。(七味唐辛子にはヘンプの種子が入っています)

ヘンプの実は大豆に匹敵する栄養があります。下記の図はその比較です。
(画像をクリックすれば拡大します)

hemp.jpg
ヘンプが分る55の質問』より転載 

ヘンプが食料として重要であることが、旧約聖書のエゼキエル書に書かれています。

「汝らに奇跡の草を授げよう。これでこの土地から飢餓はなくなるだろう。」

仏陀が厳しい修行をしていた時、大麻の種を食べて命を保ったとの言い伝えもあります。

ヘンプは一年草で唯一、雌雄があります。イチョウの雌雄は知られていますが一年草ではありません。
草の中で特異な存在であり、ヘンプから様々な医薬品が取れる時が来るはずです。

ヘンプの栽培が増えることによってオイルやプラスチック、合成繊維など、影響を受ける業界があります。しかし、ヘンプを正しく使うことによって、人類は様々な恩恵を受けることができます。

ヘンプは痩せた土地でも、寒冷地でも栽培できます。ヘンプ(大麻)をマリファナとしてとらえず、神から人類に与えられた貴重な植物として見直したいと思います。





田七人参の最高峰 「しらい田七人参定期購入会員」のお問い合わせ

大麻は本当に悪者か

ヘンプ

早稲田、慶応、同志社などの学生が大麻を吸って逮捕され、話題になっています。大麻はタバコほど人体に害が無いと言われ、米国立医薬研究所でのテストによってもそのような結果が出ています。
しかし、大麻が日本の法律で禁止されている以上、その法律が適正でないとしても遵守する義務があるのでその論議は置きます。
Drug classification: making a hash of it?

大麻は数千年前から人類に繊維や食物として貢献してきた大変有用な植物であり、特にこれからの時代に重要性が増してくる植物です。
尚、ここでは大麻をヘンプと呼びます。大麻は本来カナビス又はヘンプと呼ばれていましたが、いつの間にかメキシコでの呼び方である「マリファナ」に変えられました。

私自身の大麻(ヘンプ)との係わりは、非木材パルプの世界一のメーカーであるスペインのCELESAとのつきあいからでした。この会社の女性営業部長が大の日本びいきで、自分は過去世は日本人だったと確信している人でした。日本各地の神社仏閣に参拝して、記念のスタンプを集めていました。


話しはそれますが、一時期のケナフブームで笑うしかないエピソードがありました。

ケナフブームの折、ある大手の会社が工場にケナフを植えました。ケナフは成長が早く二酸化炭素を吸収するためです。ところがケナフは1年草です。冬になると枯れてしまい、燃やせば二酸化炭素が出ます。
困った会社はケナフで紙を作る事にしました。紙にするにはまずパルプが必要です。
パルプ会社にケナフを持ち込み10tのパルプを作ってもらいました。この単価がキロ1000円でした。当時、木材パルプが80円の時代です。

そして、このパルプを製紙会社に持ち込み紙にしてもらいましたが、できたケナフ紙の値段はキロ1400円です。当時の上質紙の価格は120~130円でした。
この会社はできたケナフ紙で名刺を作り、「この名刺はケナフで作られています」と書いて、二酸化炭素の削減に貢献していると宣伝したことでしょう。一体、紙にするまでどれだけのエネルギーを使い、Co2を排出したことでしょうか。

ヘンプは様々な利点や特徴があります
・生育期間が100日程度で生産性がずば抜けて高い。
・同じ面積であれば木材パルプの4倍の収穫量が得られる。
・生命力が強く、農作物が育たない地域でも栽培が可能。
・病害虫に強く、栽培に農薬や化学肥料を必要としない。
・繊維が長く強靭なため、強い紙ができる。
・成長が早いため炭酸同化作用で二酸化炭素を固定する。

 
麻は身近な所では紙幣や辞書用紙の他、パスポートや証券用紙などにも使用されます。
大麻が一番多く使われるのは皮肉にもタバコの巻紙です。

次回は食料やプラスチック原料他のヘンプの驚くような利点と、そんなに優れている大麻がなぜ悪者になったかを述べます。

参考:「マリファナの歴史
カナビス・アタディハウス
カンナビス・メド

大麻取締法変革センター


国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」

「しらい田七人参 定期購入会員」のお問い合わせ

トップになる子の条件

f_0455nb.jpg

NHK杯での浅田真央ちゃんの演技(というのでしょうか)は,明らかに進化が感じられました。
どんな分野でもトップに立つ人は並外れた才能と、努力と運があります。しかしそれに加え、本番で上がらずに実力を発揮できるかどうかも才能です。

日本将棋連盟の米永邦雄会長は長年の経験から、「名人はみんなから名人の器と認められた者がなる」という持論を持っています。言い換えれば実力だけでは名人になれず、応援が多い者が名人になるというのです。
スターとして愛された選手には、観客や世間の応援が後押ししますが、一方、観客やテレビの前の人達がこの選手を一番応援していると思えば、他の選手は、「この選手には勝てない」との思いが湧きます。採点競技なら審査員の心証も変わるでしょう。

米永邦雄氏は、その道で一人前になる条件を「集中した5000時間の練習」と言っています。一日1時間集中して練習した場合は約14年、2時間では7年で一人前になるわけですが、子供の時に始める方が何倍も習得が早く、高度なレベルに到達します。
人並み以上の才能に加え、人一倍の練習をしていて、なぜ、トップに立てる人と並の才能で終わる人が出るのでしょうか。
そこにもう一つの要素があります

「志の高さ」です。



将棋のプロ棋士になるためには「奨励会」に入り、4段にならなければなりません。奨励会に入ってくる子供たちは、小学生で既に各県の代表レベルの実力を持っている才能ばかりです。では名人になる子供と並の棋士で終わる子供の差はどこにあるのでしょうか。

長年奨励会で子供たちの世話をしてきた棋士によると、「決定的な差が現れる原因は、才能ではなく、志の高さ」だと言います。自分は名人になると決意している子供でなければ、決して名人になることはできず、漠然と一流に成れたら良いと考えている子供は一流にもなれないと言います。

東大に入ると決めた子供は東大に入る努力をしますが、その目標がなければそれなりの努力しかしません。

成功法則で「目標を具体的にイメージする」と言うのも、このことだと思います。


田七人参の最高峰 「しらい田七人参定期購入会員」のお問い合わせ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。