音の力、命の音

cosmossaturn01_01_small.jpg
土星の北極の六角形 (惑星探査衛星「カッシーニ」撮影)

上記の写真はNASAとヨーロッパが共同で打ち上げた惑星探査衛星「カッシーニ」が撮影した土星の北極の写真です。奇妙な六角形が北極を覆っていることが分かります。この六角形はどうしてできたのでしょうか。

下記の動画をご覧ください。7角形が変化する様子です。



良く聞くと音が聞こえ、その周波数の微妙な変化に応じて7角形が変化しています。(You Tubeでは音の変化が良く分かりません) つまりこのパターンを形作っているのは音なのです。土星の北極にある六角形も、土星が発している固有の周波数によって大気が六角形に形作られていることが分かります。
音が作り出す形のことを総称して「サイマティクス」と呼びます。

音の力を最初に研究したのは、ドイツの科学者・エルンスト・クラドニでした。1800年代初頭、彼は薄く砂をまいた皿のそばでバイオリンを弾き、砂が幾何学模様を描く事で、音が物体を動かすことを証明しました。 クラドニ図形と言います。

スイスの科学者・ハンス・イェニーは、薄い金属板上にさまざまな周波数の音を発生させ、液体、固体、粉体などに周波数が与える影響を実験し、「トノスコープ」を使って映像化しました

hansjenny.jpg  01_640_480.jpg
スイスの科学者  ハンス・イェニー               トノスコープ               

ハンス・イェニーの実験を通して、音には「形を作る力があり」、「形に動きを与え」、「形の変化に周期性を与える」ことが分かりました。この分野の科学研究は、日本では全くと言って良いほど行われていません。上記の土星の六角形の意味も理解されていないと思います。

サイマティクスは医学の分野で大きな進歩を遂げました。
イギリスのサー・ピーター・ガイ・マナー博士は人体の臓器や部位、組織にも固有の振動数・周波数があると考え、30年以上かけて、臓器や骨、神経、症状など、3500以上の周波数を特定しました。

そして病気や不調を起こしている部位は、本来の健康な周波数が乱れており、乱れた部位に本来の周波数を共鳴させて元の周波数に戻せば、健康になることを発見しました。
これが「サイマティクス・セラピー」です。
マナー博士は新生児黄疸の治療に使われている、「青色光線療法」の開発者として知られています。



サイマティクス・セラピーの開発者マナー博士

日本で開催されたサッカーワールドカップの折、骨折で参加できないと言われたベッカムが突然来日して活躍しましたが、この時ベッカムは全治3ヶ月の骨折をサイマティクスで治療し、1ヶ月程度で治したと言われています。

サイマティクス・セラピーは、WHOでも手術や投薬に依らない代替医療として認めています。そして医療分野における研究は日本が最も進んでいるだろうと思います。
現在日本では、内科、外科、産婦人科、心療内科、歯科、動物病院、鍼灸、整骨・整体、エステなど、150ヶ所以上でサイマティクスが使われています。とは言え、サイマティクス・セラピーはまだほとんど知られておらず、採用している医療機関は僅かで、保険の対象になりません。

心療内科、メンタル・セラピーで使われるサイマティクスの音の中に、バッチフラワーの音があります。これはバッチ・フラワー・レメディーで使われる花や樹木の香りを周波数に変換したもので、ストレスやトラウマ解放に効果を発揮しています。

量子力学から見れば、すべての物質、すべてのエネルギーに固有の振動数があり、音の研究は新しい科学の体系を作りだすことができると思われます。

日本サイマティクス・セラピー研究会



国際有機認証取得、信頼の「しらい田七人参」
スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア