魂とは何か

画像 h25
フランス アミアンにて

ある方から下記のコメントを頂きました。


「・・・ところで、ずっと前から気になっているのですが、ヒトの精神()は死後どうなるのでしょう。 脳の物理的消滅と同時に無に帰すのでしょうか。
それとも、脳とは別のどこかに精神のいる場所があって、脳は精神と身体をつなぐ通信装置だと考えることも可能ではあります。

そのように考えてみると、例えば認知症や精神病になったヒトは通信装置が故障したのであって、精神は無疵のまま温存されているはずです。死後は身体(故障した脳)から脱するので、そのとき身体の制約から離れた精神()として、病を得る前のままのヒトのとなっているでしょう。

いつか私たちがこの世を去るとき、先に旅立った身近な人々との懐かしい再会があると考えてみたいのです。どうなんでしょう・・・。」



これらの問題について考えて見たいと思います。


1.意識、、心とは何か。
ドイツのマックスプランク脳研究所を経て、ある国立大学医学部(大学院医学系研究科)で大脳生理学の教授をしている知人がいます。大変優秀な学者ですが、私の愚見に対しても耳を傾ける柔軟さと大きさを持った人です。
この方に大脳生理学から見て、何が一番の謎かを聞いたとき、言下に「意識です」と言われました。

意識(心・)は現在の科学では手がつけられない領域であり、聖書や仏典、あるいは偉大な思想家、宗教家の言葉に学ぶしかありません。

意識とは10%の表面意識と90%の潜在意識を合わせたものです。この意識をと呼びます。
心と魂(霊)は本来同じものですが、迷える魂、あるいは成仏できない魂などと言われるように、無明の中にある魂もあり、心と区別しておきます。

では、心とは何でしょうか。
人間は自分を客観的に見つめる心があるため、自分に嘘をつけません。心は意識・魂の中心に位置し、我々の思いと行いを見ています。 人間が反省できるのは心があるためです。

2.意識と脳の関係
脳をいくら研究しても、意識がどうして生じるのか分かりません。それは脳の中に意識が存在しないからです。 意識はどこにあるかを述べる前に、意識の構造について説明します。

意識は多重な円を想像して頂くと分かりやすいと思います。
振動数(波動)が粗い表面意識が一番外側にあり、その下に潜在意識、更にその内側に高次の心があります。
内側に行くほど高い振動数となり、高い次元となります。

では、意識はどこに存在するのでしょうか。
意識はエネルギーです。以前の記事、「音の世界からあの世を考える」に書きましたように、宇宙にあるものはすべてエネルギーで出来ており、振動数により相が異なっています。エネルギーの振動数が一番低くて粗いのが物質であり、高いものが意識・魂です。

意識は4次元、5次元、6次元・・・と多層構造になっており、中心には自分に嘘のつけない神の心が存在します。「神は心の中に宿る」と言われるのはこの部分です。
守護・指導霊にもレベルがあり、5次元レベルの守護・指導霊は私達の意識の5次元に存在し、私達を助け人生を見守ってくれています。

ちなみに、スピリチュアル番組で言われるように、あなたのおじいさんが守護霊をしているとか、子供が守護霊をしているなどと言うことは魂の仕組みからありえません。守護霊は、その人が生まれてから死ぬまで変わらずに見守っており、家族、親類縁者、知人の霊が、途中から守護霊になることなどと言うことはありえません。
守護霊は魂の兄弟であり、自分自身の一部です。(このことは、改めて記事にしたいと思います)

指導霊はその人のレベルや努力に応じて、ふさわしい指導霊に交代します。
意識・魂は、本来5次元以上のエネルギーとして、次元の異なる世界に存在し、光のコードと言うべきもので人体に繋がっているようです。

脳と意識の関係は、指揮者とオーケストラの関係にあたります。
指揮者がコントロールしようとしても、オーケストラが機能しなければ音楽にならないのと同様、脳に損傷があれば、意識が伝達できず障害となって現れます。

アルツハイマーも脳内の情報伝達ができない為に起こり、意識という指揮者に問題があるわけではありません。
精神疾患の場合は原因が違います。精神疾患の多くは霊的な問題によって起こっています。つまり、自分の意識ではなく、他の意識体(霊・魂)によって操られていると言えます。

・死後の世界はあるか。
意識・魂はエネルギーとして不滅です。肉体が死を迎えたとき、意識と肉体を結ぶ光のコードが切れ、魂は元いた世界に帰ります。元の場所とは、死後の世界と言うような暗い世界ではなく、光の世界です。光の世界には次元があり、魂のレベル(光の量)によってふさわしい次元に帰ります。
しかし、生前に自己中心的な人生を送った魂は、波動が低いため光の世界に戻れず、暗い世界に留まることになります。

我々の魂は三次元で輪廻転生を繰り返し、心の学びをしています。
この世は仮の世です。魂のふるさとは光の世界で、我々が肉体を去ってあの世に帰れば、先に帰っていた魂たちと再会します。
その魂たちは現在も次元の異なる世界から私たちを見守っています。


参考:高橋信次著「心の指針」 


☆ご訪問いただき有難うございました。
  



スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア