有難い人生

1249279638600b0d887d11b2ea0412e43756a85cb5.jpg

斉藤里恵さんという、銀座No.1のホステスが話題になっています。
この方は口がきけず、客とは筆談で会話をしています。

筆談をしている内に言葉の仕組みや文字に敏感になり、少し見方を変えれば意味が変わることに気づいたようです。
ある会社の経営者が彼女に、「難題ばかりで、これ以上仕事を続けられない。店に来るのもこれが最後だ」と言った時、こう書いて渡しました。

「難題の無い人生は無難な人生、
 難題のある人生は有難い人生」

客はその言葉に奮起させられ、立ち直ったということです。

世の中には、資産があって頭が良く、性格が良くて容姿端麗、家庭は円満で健康にも恵まれているという、見事に幸せな人がいるかも知れません。おまけに生涯、難題に会ったことが無い人だっているでしょう。
(知らない内に母親が12億円もくれる鳩山由紀夫さんは、政治家にならなければこのタイプだったのでしょう。残念な選択ですね。国民にとっても)

このような人を見ると、今度生まれてくる時は、そんな人生を送りたいと思いますが、魂の成長から見た場合は、難題が無いことが恵まれているとは言えないようです。

小学校、中学校、高校、大学と、成長するにつれて与えられる問題は難しくなります。問題をクリアーすればより難しい問題が与えられ、それに取り組み、乗り越えることによって成長してゆきます。
問題の無い人生は幸せである一方、成長する機会がない人生と言えます。

「神様は乗り越えられない試練は与えられない」という言葉があります。
人間は輪廻転生を繰り返し、生まれてくる時に自分で人生の課題を決め、それを乗り越えるように計画を立てるため、乗り越えられない試練はないという意味でしょう。しかし厳しい3次元の世界で、前世でクリアーできなかった課題を、今回の人生に持ち越してくることが多いようです。

厳しい環境や、つらい人生を選んで生まれてきた魂は、それだけの決意をしてきた魂と言えます。

origami.jpg

ヘレンケラーの恩人」で書きました中村久子さんは、幼い頃に脱疽で手足を失い、まわりの子供たちから‘ダルマ’と囃し立てられて、経済的にも見世物小屋で働くほど厳しい人生を送りました。

これほど厳しい試練の人生を計画し、その試練に打ち勝ったのですから、その魂は聖者に勝る偉大な魂だったのでしょう。
中村久子さんの、「確かなことは自分で生きているのではない。 生かされているのだと言うことです」との言葉には、最も厳しい人生を乗り越えた者だけが語れる、人生の真髄があります。しかし、その人生を追体験しなければ、その言葉の真の意味を理解することはできません。それを望む人はいないでしょう。

人の命とはつくづく不思議なもの。確かなことは自分で生きているのではない。
 生かされているのだと言うことです。どんなところにも必ず生かされていく道がある。
 すなわち人生に絶望なし。いかなる人生にも決して絶望はないのだ
。」


お釈迦様は、釈迦族の王子として生まれながら、生老病死の問題に悩んで王子を捨て、修行に出ました。
お釈迦様と言えど、何不自由ない生活の中で幸せな一生を送ったとしたら、悟りを得ることはできず、多くの人を救うことはできなかったはずです。
偉大な魂は、問題が無ければ自ら問題を見つけるのでしょう。

「難題のある人生は、有難い人生」と思うことができれば、幸せの時も試練の時も、人生のすべての場面が有難くなります。
やはり、「ありがとう」の言葉は、人生のキーワードのようです。



国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア