戒名とは何か

image010.jpg


テレビであるお坊さんが戒名について、こう言っていました。
「三途の川を渡る時、俗名では渡れない。だから戒名が要る。」

お坊さんに言われればそうなのかと思いますが、それならキリスト教徒やイスラム教徒など、戒名が無い魂はあの世に帰れないことになります。

いい加減な理由をつけて脅し、金儲けを正当化してはいけない。

戒名の由来はお釈迦様とその弟子、舎利子(シャーリープトラー)に由来します。
舎利子は本名を「ウパティッサ」と言います。
ウパティッサが仏陀に帰依した時、仏陀はウパティッサに、
「お前のお母さん、シャーリーは賢婦人として有名な方である。お前もしっかり修行してお母さんのような賢い人間になりなさい」と言って、お母さんの名前のシャーリーを取り、シャーリープトラーと名付けました。

戒名とは仏陀の教えを学ぶにあたり、自分を戒めるために付けたものであり、死んでから付けるものではありません。ましてや平等である人間の魂に、金銭で上下をつける戒名など、お釈迦様の教えとは何の関係もないものです。

お釈迦様の時代、今から2500年以上前のインドは貧しい人が多く、学校もありませんでした。
昼間は農作業などの労働をし、夜に仏陀の話を聴きに来る無学文盲の人たちに、仏陀は難しい言葉は一切使わず、例え話で誰でも理解できる話をしました。
その分かりやすい教えが、日本の仏教の中で哲学かされ、訳の分からないものになってしまったのです。

ちなみに、夜、お釈迦様の話を聴こうとすると蚊や虫が寄ってきます。これらの虫を寄せ付けないように薬草を焚いたのが線香の由来であり、ロウソクも照明として使われた松明の名残です。

お経とはお釈迦様が説いた、正しい考え方、生き方の教えであり、生きている人間が学ぶものであり、死んだ人に向かってあげるものではありません。

お経の「経」は織物のタテ糸を意味します。タテ糸(経糸)がブレたら、しっかりした織物はできません。
地球の経度もタテ糸を現しています。
そのように、正しく生き、幸せになるための人生の教えをお経と呼んだのです。


buddha2.jpg


お釈迦様が法を説かれたのは2500年以上前のことであり、誤って伝えられていることがたくさんあります。
祈れば救われる、願いが叶うという他力信仰など一切説かれていません。
正しく思い、正しく生きることが幸せへの道であり、不幸は自己中心的な考え方、生き方の結果として起こる、と説かれたのです。(縁起

人間関係における正しさとは相対的なものであり、自己中心の考え方を改め、相手の立場に立って考える中道の中に正しさがあります。
人間の目は外を見るように出来ています。そのため、人の欠点は良く見えますが自分の間違いには気づきません。
自分の間違いに気づくためには、目をつぶり、反省しなければなりません。
お釈迦様はその反省の方法として八正道を説かれました。

大金を出して立派な戒名を付けることが亡くなった人の供養ではなく、残された人たちが争いの無い、幸せな人生を過ごすことが最大の供養であるはずです。

仏教はお釈迦様の説いた教えを分かりやすく伝える、本来の役目に立ち帰らなければならないでしょう。


☆ご訪問いただき有難うございました





国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト
Tag: 戒名