心の贈り物

H15-imamichi.jpg
Photograph 国立情報学研究所 


読売新聞の特別編集委員である橋本五郎さんが、読売新聞の「五郎ワールド」で、哲学者の今道友信先生の著書を紹介していました。

『大学院の頃、ライバルでもあった友人が肺結核で入院しました。彼は大学の売店でアルバイトをしている娘さんに恋をしていました。しかし、貧しい家の彼女との結婚は両親が許さないことも知っていました。

そんな彼をギリシャ哲学の泰斗、斎藤忍随先生と一緒に病院に見舞いました。有名ブランド「モーツアルト」のチョコレートを一箱持参しました。

病室で彼は言いました。「嬉しいことがあったんだ。サエ子さん(恋人)がチョコをくれたんだ」。それはたった一枚の板チョコでした。貧しいゆえに一枚しか変えなかったのでしょうが、彼には何よりもうれしく、見せびらかすのでした。

その時、僕は無思慮にも「実は僕たちもね・・・」と、鞄からチョコの箱を取りだそうとしました。斎藤先生はすかさず「僕達も何か持ってくるべきだったなあ」と言って、僕を売店に連れていきました。そして板チョコよりも安いキャラメルを一箱買い病室に戻りました。

先生は「僕達は忙しくて何もお土産を持ってこられなかったんだよ。これで勘弁してくれ。喉にはいいよ」と渡しました。
・・・・
美しい心、美しい行為です。今でも斎藤先生の温かい心づかいに涙ぐみます。』(今道友信東大名誉教授「今道友信 わが哲学を語る」かまくら春秋社)

今道友信わが哲学を語る―今、私達は何をなすべきか今道友信わが哲学を語る―今、私達は何をなすべきか
(2010/07)
今道 友信

商品詳細を見る


今道先生のお年から考えると、このエピソードは昭和20年代の出来事でしょう。その時代にモーツアルトチョコレートがあったことに驚きますが、入院していた友人はきっとモーツアルトファンで、彼を喜ばそうとして当時貴重なモーツアルトチョコレートを持って行ったのでしょう。

この記事を読みながら、自分も多分持ってきたチョコレートを渡さずに帰っただろうと思いましたが、キャラメルを買いに行くことはしなかったはずです。
彼女の板チョコより安い一箱のキャラメルを渡す行為には、やさしい思いやりが溢れています。
キャラメルを受け取った友人にも、その思いやりは届いたはずです。

貧しさや身分の差を越えた恋愛が、かっては文学の大きなテーマでした。貧しさが恋愛を際だたせるのは、金や物を離れて、愛のみが二人を結びつけているからでしょう。高価なプレゼントではなく、一枚の板チョコであるが故に、愛の純粋さが伝わってきます。
もし一枚の板チョコさえ買えず、道端に咲いている小さな花を手折って渡したとしても、大きなバラの花束以上にうれしかったはずです。

心で見るもの」に書きましたように、すべての価値は心から生まれます。家族や友人や恋人の大切な思い出、あるいは感動の体験も、心から生まれ、心の中だけに存在します。
お金や物は生きていく上で大切なものですが、この世限りのものであって、いくら大金を稼ごうとも、1円たりとあの世に持って帰ることはできません。
しかし、魂に刻んだ経験や学びは輪廻転生を繰り返しながら、永遠に心の中に存在します。

人生の価値とは、そのようなかけがいのない思い出や感動や気づきを積み重ねることであり、同時に不幸や挫折や辛い体験であっても、魂の学びにとって一つ一つがかけがいのないものであるはずです。

橋本五郎さんは、読売新聞の書評欄で「今道友信 わが哲学を語る」をこう評しています。
「碩学がたどり着いた終着駅にあるのは平凡すぎるほど美しいヒューマニズムである。哲学は決して遠くかなたにあるものではない。そう語ろうとしたことが実に感動的なのである。」

真理は遠くにあるものでも、難解なものでもないはずです。
喜び、悲しみ、苦しむ、その一つ一つの体験を通して、すべての生の営みが神と言う愛の御手の中にあることに気づくために、我々は生かされているのだと思います。




スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア