テレビと映画のこと

10042374641.jpg




過日、ある役者さんと話をしましたが、長年芸を養ってきた人たちが、不況によって厳しい状況に置かれているようです。
この方も付き人の給料を払うのが大変なほどギャラが下がっており、出演した映画のギャラも未払いになっていると言われていました。

不況によりどの企業も厳しい状況にあり、ギャラが下がることは止むをえません。
問題は、最近のテレビが吉本興業やジャニーズ事務所に席巻され、本物の芸を持った役者の活躍の場が奪われていることです。
どのチャンネルも、お笑い、クイズ、グルメ番組で、出演者も同じような顔ばかりです。

売れているタレントを出すのはテレビ界として仕方の無いことですが、余りにも見識の無い、安易なタレントの起用が目に付きます。
製作者として恥ずかしくないのだろうかと思いますが、残念ながら視聴者もそのような番組に慣らされてしまって、視聴率が稼げることも原因です。


villon_01.jpg


テレビと似た現象が映画界にもあります
昨年公開された「ヴィヨンの妻」はカナダの映画祭で最優秀監督賞を取っただけあって、見終わった後に余韻が残る佳作でした。
舞台となる戦後の貧しい時代の雰囲気を良く表現しており、松たか子も破滅的な夫を受け入れ、献身的に支える妻を魅力的に演じていました。(この人は興味の無い女優でしたが、見直しました)

主役の浅野忠信は売れっ子で多くの映画に出演していますが、この映画では献身的な女房を裏切り、浮気に走る救い難い男を見事に演じており、この虚無的な雰囲気を出せるのは、彼以外に考えられないと思わせる演技でした。

脇を固める役者も演技派を揃えていましたが、酒場の女を演じる広末涼子は、なぜ男が献身的な女房を裏切ってまで彼女との浮気に走り、ついには心中未遂に至るのか、それを共感させる女の魅力や情念が感じられませんでした。
広末涼子の批判をしましたが、彼女の責任というより、人気を優先させる製作者の問題です。


soundofmusicFV_SD_S1.jpg


映画が好きで昔から良く見ました。心に残る映画はほとんどが昔の映画です。
思いつくままに挙げれば、「ローマの休日」、「サウンドオブミュージック」、「ウエストサイドストーリー」、ヒッチコックの「めまい」、「シェーン」、ローレンス・オリビエの「ハムレット」「ロメオとジュリエット」、「第三の男」、「シベールの日曜日」、黒澤明の「生きる」などなど、切がありません。
最近では、「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」が良く出来た映画でした。


b56fb6668f3a02aeae2425a82ee09d80.jpg

ローマの休日」でグレゴリー・ペックが、コツコツと靴の音を響かせ去っていく最後のシーンは、叶わぬ恋の思い出と、それをを忘れようとする男の思いが、静かに、見事に表現されていました。
ちなみに、「男のロマン」なる安っぽい言葉に抵抗を感じます。「ロマン」は中世の騎士物語が語源でした。
「そなたか、それとも死か」、これならロマンです。

ローマの休日」は、オードリー・ヘップバーンが人生で一番美しく輝いた時を捉えた、奇跡のような作品でした。
ローマンホリデイ、まさにロマンです。

10012133198.jpg10012133201.jpg10012133199.jpg

昔の映画は、なぜ心に残るのでしょうか。
昔の映画でまず気づくのが、人間を描いていることです。
人間の愛、喜び、悲しみ、勇気、感動は、時代を越えて人の心を打ちます。
最近の3Dや派手なアクションは、見ているときは楽しくても、その場限りで心に残りません。

人が求めているのは感動であり、そのことをテレビや映画の製作者はもう一度思い返し、良い作品を、その作品にふさわしい演技者で製作してほしいと思います。

映画のことを書き出すと切がありませんので結論にします。
結論
ローマの休日」が、やはりNo.1。

(追記)
今日、「マイケル・ジャクソン King of pop」の上映を見てきました。
内容は淡々としたドキュメントで、歌も踊りもありません。
これは失敗かなと思いながら見ていましたが、見終わった後に、感動と言っても良いほどの暖かい気持ちに包まれていたのは意外でした。

優しい声で静かに話す姿は、King of popとは無縁なもので、稀有な優しさに満ちた人間でした。
極貧と父親の暴力に耐えて育った生い立ちが、彼を優しくしたのでしょう。
慈善事業に熱心だったのも、子供たちを救いたいと言う本心からだったと信じます。

マイケル・ジャクソンの実像を知ることのできる映画でした。
機会があればご覧下さい。




国際有機認証「しらい田七人参」
スポンサーサイト