心で見るもの

kappabuchi_01.jpg
 遠野 カッパ

6月18日の日本経済新聞にカッパの話が載っていました。この話が素直に心に響いたのでご紹介します。

民話で有名な岩手県遠野市からカッパ捕獲許可の第一号を公認された運萬治男さんが書かれた記事です。
カッパが住むという川の淵を守り、訪れた人にカッパの話をする人を、「守っ人」と呼ぶようです。
「守っ人」第一号は阿部与市さんと言う方です。阿部さんは87歳で亡くなりましたが、7歳の時にカッパを見たと言います。
「顔は赤く、口は大きく、何ともおっかない」

運萬治男さんは「守っ人」の第二号です。
「2002年、岩手から小学校低学年の子供が二人訪れた。川を見るやいなや私の服を引っぱって、
『カッパさんがおなかをすかせている。団子をあげてもいい』 
私がうなずくと、泥で作った団子を川岸に並べた。
その子が帰ったあと、青森から子供3人が来て、またもつぶやいた。

『カッパさんが食べられないって泣いているよ。』 その子は団子を川に放った。
水が濁ると子供たちが、『喜んだカッパが踊ってる』と、見えているかのようにほほ笑んだ。

ほかに、『カッパが川で泳いでいるから一緒に泳ぐ』と、着物姿で水に入った女の子も。
例をあげれば切がないが、数々の不思議な体験をしてから、私は観光客に繰り返すようになった。」
『カッパは見るものじゃない。心の中で会うものだ』


images1

心で見るといえば、「星の王子様」でキツネがこう言います。
「さっきの秘密をいおうかね。なに、なんでもないことだよ。心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」

小林秀雄の「無常といふこと」に次のような言葉が出てきます。
“美しい「花」がある、「花」の美しさという様なものはない。”

批評の神様の有名な言葉ですが、しかし、もし美しいバラやユリの花があって、それを昆虫や動物が見たとしても、そこに美しい花は存在しないでしょう。
美しい花があるのではなく、花を美しいと感じる人間の心によって、はじめて花は美しくなります。

大輪のバラにも野辺のスミレにも、それぞれの美しさがあります。
スミレはバラになる必要はありません。
それぞれの人生に生きる意味や幸せを感じなければ、人生の価値は逃げ水のように、いつも遠くに去って行くことでしょう。

愛を感じ、幸せを感じ、美しいもの、真なるもの、善なるものに感動する・・・すべては心です。
すべての価値は人間の心の中にあります。
人生は心の中に内在された、すばらしい価値を探す旅なのでしょう。

いつか、カッパが踊っているところを、心の目で見ることのできる人間になりたいものです。

「千と千尋の神隠しーいつでも何度でも」
美しい人が、美しい声と美しい心で歌っています。心に響く歌です。

☆ご訪問いただき有難うございました
  リンクフリーです。ご連絡頂ければ相互リンクさせていただきます


スポンサーサイト

短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア