細胞の意識

12-4.png


タモリと山中伸弥教授が出演するNHKスペシャル「人体」は驚くべき内容です。

【番組概要】を引用すれば、
「今、医学の世界でこれまでの「人体観」を覆す、巨大なパラダイムシフトが起こりつつあります。今までは、人体のイメージと言えば、「脳が全体の司令塔となり、他の臓器はそれに従う」というものでした。
ところが最新科学は、その常識を覆しました。なんと、「体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、私たちの体は成り立っている」。そんな驚きの事実が明らかになってきたのです。・・・」


脳が司令塔として他の臓器に命令を出すのではなく、細胞の一つ一つから人体のバランスをとるためのメッセージが発信されていたのです。

番組の中で山中教授は、「一つ一つの細胞に意志がある」と言われていました。
これは驚くべきことです。
多分山中教授は細胞の一つ一つに「意識」があることを否定しないと思います。なぜなら意識のない所に意志はないからです。


細胞一つ一つに意識・意志が存在するのであれば、細胞の集まりである臓器には臓器としての意識や意志が存在するはずです。
実際、第1回の「腎臓が寿命を決める」では、腎臓が体中に情報を発信しながら、さまざまな臓器の働きをコントロールしていることがあきらかになります。

また細胞や臓器に意志・意識があるなら、「呼吸器系」や「消化器系」、「神経系」などは、それに係る臓器や部位が体のバランスを維持するために協力して働いているはずです
さらには全身の恒常性を維持するために、もう一段上の統合意識が存在すると考えることもできます。

個人を成り立たせる人格意識(魂)とは別に、細胞一つ一つに意識が存在するのであれば、植物であれ微生物であれ、すべての生命体に意識が存在するはずです。
植物に話しかけるとよく育つのは、その意識によるものではないでしょうか。

人体は小宇宙と言われます。小宇宙を支配する意識は、一糸乱れぬ運行を続ける大宇宙の意識と同じではないでしょうか。
カオス(混沌)から生じた宇宙を完全な調和が支配するためには、完全な法則が必要です。
法則はカオスからは生まれません。意識と意志によって生まれます。

大宇宙を支配する完全な調和、愛の意識こそ神ではないでしょうか。

参考: 「魂とは何か
     「命と神




スポンサーサイト

トランプは間違っているかー地球温暖化の嘘

さまざまなことで非難を浴びているトランプ大統領ですが、地球温暖化の原因は二酸化炭素ではないしてとパリ協定からの脱退を決めました。
彼は間違っているのでしょうか。

アル・ゴアが書いた「不都合な真実」は北極の氷が溶けて白熊が危ないとか、さまざまな事実を列挙して危機をあおり、その原因を一つの仮説にすぎない二酸化炭素にかぶせました。

そしてゴアがノーベル平和賞を受賞したことによって、二酸化炭素原因説は一挙に認知されることになりました。
(アル・ゴアのテネシー州の自宅の電気代は、年間300万円だそうです。環境を意識しない偽善者であることがよくわかります)

温暖化の原因については諸説があるにもかかわらず、世界がこぞって二酸化炭素を犯人にしたのは何か大きな力が働いたと言わざるをえません。

地球温暖化についても過去の記事を何回かにわたってご紹介します。
二酸化炭素原因説が嘘であることは容易に理解いただけると思います。



地球温暖化はCo2のせいではない


hokkyokuguma.jpg
写真=ノアバート・ロージング

NHK教育TVの番組表を見て驚いた。
地球温暖化の原因であるCo2を減らすため、今日午前中の放映を止めるという

Co2が温暖化の原因である確実な科学的根拠はありません。
地球温暖化の原因は太陽活動の活発化によるもので、二酸化炭素の増加はその結果と見るほうが自然です

化石燃料による二酸化炭素の温室効果によって、20世紀の100年間に地球の平均気温が0.6度上昇したと言われています。

しかし、0.6度の内、0.4度までは1940年までに上がり、経済活動が巨大化したその後の60年以上は、わずか0.2度しか上がっていません。これをどう説明するのでしょう。。


次の表をご覧ください。(クリックすれば大きくなります)
この表は気温の変化とCo2濃度の関係を表しています。
ポイントは気温が上昇して、半年から1年後にCo2が増えていることです。
Co2が増えたから気温が上昇しているのではありません!


f008.gif


次の表は太陽黒点数と平均気温の関係を表しています。
太陽黒点数は太陽活動の活発さを表すものであり、太陽活動の活発化によって、平均気温が上昇していることを示しています。


kokuten.jpg

次の表は海水温と太陽黒点数の相関関係を表しており、太陽活動の活発化によって海水温が上昇していることを示しています。クリックすれば大きくなります

海水温度が上昇することにより、海水中のCo2が大気中に放出されます。
生ぬるいビールは泡がブクブク出るのに対し、冷えすぎたビールは泡が出ません。気体は温度が上がるほど放出されます。


f005.jpg


温室効果ガスの97%は水蒸気です。
  
水蒸気量と気温の関係は、冬のよく晴れた日の翌朝、大気中の水蒸気が少ないため放射冷却で冷え込むことで理解できます。
温室効果ガスに占めるCo2の比率は0.03%に過ぎません。


3.gif

houwakyokusen.jpg

地球温暖化二酸化炭素説は、二酸化炭素の排出権売買や先進国が既得権を確保するために意図的に作り上げたものです。

参考:「二酸化炭素温暖化脅威説批判
科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている

地球温暖化のエセ科学
地球温暖化に対する懐疑論

ピアノ売ってちょうだい




以前中国やヴェトナムで仕事をしている人から、日本製の中古ピアノを入手できないだろうかと聞かれたことがありました。
中国や東南アジアでは経済発展にともないピアノの需要が高まっており、日本の中古ピアノは引っ張りだこだといいます。

日本の中古ピアノ市場は、例の「ピアノ売ってちょうだい!」で有名なタケモトピアノがNo.1のシェアで、年商は30億に上るようです。
他に全国展開しているピアノ百科という会社もあるのですが、CMの効果で知名度は比較になりません。

しかしあのCMは傑作と言ってよいのではないでしょうか。
CMといえば、サントリーやJR東海やコカコーラなどが有名ですが、どんな優れたCMでも短期間で消費されて消えてゆきます。
ところがタケモトピアノは20年以上も同じCMを流していて飽きられません。
業界の謎と言われているようですが、あのCMに代わるものを作るのは至難の業でしょう。

財津一郎のキャラクターとユーモラスな語り口、それに「ピアノ売ってちょうだい!」と「もっともっとタケモット」というメロディーを続けて流すことによって変化をつけています。

最近は「赤ちゃんが泣き止むCM」として有名になっています。
泣いている赤ちゃんにタケモトピアノのCMを見せると本当に泣き止んでしまいます。
ここにも飽きられない秘密があるのでしょう。







最近のCMで感心させられるのは家庭教師のトライです。
「アルプスの少女ハイジ」のパロディーが基本ですが、開き直ってなんでもありの状態になっています。

おじいさんがバッハの「主よ人の望みの喜びよ」の音楽で昇天しかかるところは、何度見ても笑います。

新しいアイデアを出すのは大変でしょうが、タケモトピアノ同様、CMの時間が気にならない数少ないCMとなっています。
有名タレントを使えばよいCMができるのではないことの証明ですね。

最近のテレビ番組はどれも似たような番組ばかりですが、テレビ東京だけは「和風総本家」や「カンブリア宮殿」、「ガイアの夜明け」などユニークな番組がたくさんあります。
もともと予算が他局の十分の一位しかなかったため、高額なタレントにたよらず内容で勝負するしかなかったからのようです。
他のテレビ局も思い切って予算を削減し、同じようなタレントが顔を並べる番組をやめてほしいものです。





カメの恩返し

img_2.jpg



わが家の近くを流れる川の両側には桜並木のウォーキングコースがあって、一日中多くの人が歩いています。
犬を散歩させる人を除けば、その多くが60~70歳代で、健康が気になるのがその年代ということがわかります。

ウォーキングは認知症予防に効果があることがわかっていますが、ただ歩くのはむずかしく長続きしません。
その点川の傍の道は、流れの変化やそこにいる鳥や魚やカメなどの様子を見ながら歩けるので、毎日同じコースを歩いても飽きることがありません。

この川は街中を流れていてあまりきれいな水ではないのに、たまにカワセミを見かけることがあり、天気の良い朝には10匹以上のカメが集まって甲羅干しをしているのどかな光景が見られます。


ishigame2-120624.jpg


2週間ほど前、二人の男の子が、捕まえたカメを踏んづけるマネをしていたので思わず注意して川に帰させたことがありました。

それから1週間ほどして、今度は土手のフェンスの近くでもがいていたカメがいたので、川のそばまで運んで放してやりました。
石垣かコンクリートブロックを上り、こんなところまでどうやって上がって来たのか不思議でした。
それから3日して、今度は川を上がり、桜並木の歩道を渡り、さらに自動車道路を渡ってたたずんでいるカメを見つけたので、雨に濡れた川原の草をかき分け川に返してやりました。


DSCN1174.jpg


川の両側は傾斜のきつい石垣やコンクリートブロックで覆われており、それを上がった土手は草に覆われています。
川からは5m以上の段差があり、一体どうやって上がってきたのか見当がつきません。
(冒頭の写真が現場です)

これまでカメが川から上がっているのは一度も見たことがないのに、1週間で2匹を見かけるとはどういうことだろうか。
子供たちにつかまっていたカメは別にして、あとの2匹は一応助けてやったと言ってもよいはずだから、これはカメの恩返しを期待してもよいのかもしれない。
ウミガメではないので竜宮城は無理だろうから宝くじでも買ってみようか。

しかしもしかしたらカメには何かの目的があって、何度も落ちながら苦労して川から這い上がったのに、ようやく上がったと思ったら、おせっかいな人間にまた川に戻されたと思っているかもしれない。

カメの恩返しを期待するのは、もう一度助けてからにしよう。



美しければすべてよし

800px-Starr_070403-6468_Coreopsis_lanceolata.jpg


オオキンケイギク(大金鶏菊)の鮮やかな黄色は、初夏の季節の楽しみでした。
しかし何年か前から根もとから抜かれているのを見かけるようになり、なんてひどいことをするのかと思っていたら、オオキンケイギクの駆除が報じられるようになりました。
以前の記事でも書きましたが、オオキンケイギクは特定外来種に指定されていたのです。

オオキンケイギクは繁殖力が強く、在来腫の生育を阻害するようです。
しかしあのきれいな花が見られるなら、植生の変化はやむをえないと考える人もいるはずですが、オオキンケイギクを特定外来種に指定した学者たちにとって、美しさは判断の基準にならなかったようです。

800px-seitakaawadachisouGoldenrod.jpg  800px-himejion_annus4.jpg  W_ooaretinogiku3111.jpg  Water_hyacinth,_Gyoda_Suijo_Park  800px-Löwenzahn_uhf
 クリックすれば大きくなります。


たとえばセイタカアワダチソウやハルジオン、オオアレチノギク、ホテイアオイ、あるいは西洋タンポポなど、私たちの周りには特定外来種があふれています。しかし駆除しようとする運動がないのは今となっては無意味だからでしょう。

「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は打たれない」という言葉を思い出します。

生命力の強いオオキンケイギクもいずれそうなって、あの黄色い美しい花が「肩身の狭い思いをせずに」初夏の日本を飾ってほしいと思います。

日本人の最もすぐれた特性は、美に対する感受性だろうと思います。
良い心とは言わず、うつくしい心と言います。
すぐれた徳性を美徳と言います。
しつけ(躾)は体に美しいと書きます。

オオキンケイギクは美しくないのでしょうか。
もう一度山本夏彦さんの言葉を紹介しておきます。
「美しければすべてよし」




真央ちゃんとゆるキャラ

C9L0gmGUMAAHPya.jpg

浅田真央ちゃんの引退に伴うマスコミの大々的な報道を見て、あらためて真央ちゃんがどんなに愛されていたかを知りました。

なぜ真央ちゃんがこれだけ日本人に愛されたのかを考えることは、日本人の特性を知るための格好のテーマです。

201611061732_22296.jpg


真央ちゃんが愛された理由を考えるとき、思い浮かぶのが「ゆるキャラ」です。
ゆるキャラが日本人に受けた理由の一つは、丸く角がないデザインと材質にあるでしょう。角がないため攻撃性が感じられず親近感を覚えます。柔らかい材質はあたたかさや安心感をあたえます。

顔の作りは美しさではなくかわいさを追求しており、体型は基本的にバランスの悪いドラえもん型です。
ドラえもん体型には日本人が親近感を覚える理由があります。

article2_21.jpg


古来日本人は黄金比ではなく白銀比に親しんできました。
黄金比(1:1.618≒5:8)がピラミッドやパルテノン神殿、ミロのヴィーナス、ダヴィンチのモナリザ、オードリー・ヘップバーンの顔の縦横比などに見られるのに対し、白銀比(1:1.414≒1:√2)は、法隆寺、仏像や浮世絵の顔の縦横比 風呂敷、A判用紙などに見られます。
白銀比は大和比とも呼ばれ日本が発祥です。

E38389E383A9E38188E38282E38293-thumbnail2.jpg


タレントや女優でも美しいというよりかわいい方がもてはやされます。
たとえば有村架純の顔はほとんどゆるキャラですし、「あまちゃん」の能年玲奈(なぜか干されて、現在は「のん」に改名)は文春の好感度ランキングではV2となっています。美人顔でないのがポイントでしょう。

なぜ日本人は美人よりかわいいを好むかのかと言えば、美人には気取りがあったり、高飛車であったり、生意気さが感じられたりするのですが、かわいさにはそれがありません。
まわりとの調和が感じられます。
「かわいい」は日本文化のキーワードになっていますが、それは和を尊ぶ日本人の性格と感性の現れと言えます。

真央ちゃんは女子フィギュアスケートのトップスターでありながら、いつも子供のような笑顔をうかべて、少しも偉ぶるところがありません。まず思い浮かぶのが「かわいい」であり、日本人が一番好きなタイプです。

それにしても引退会見で『トリプルアクセルになんて言ってあげたいですか?』と愚かな質問したNHKの記者は、現在のマスコミのレベルの低さを象徴しています。
質問の愚かさなら金メダルです。

参考:「日本人の常識は間違っているか

黄金比より日本人にとって馴染みのある比率「白銀比






プーさんが喜ばぬ蜂蜜

po6.gif


子供のころ蜂蜜は貴重品でした。
蜂蜜が安くなったのは輸入品が入り始めてからですが、それにしても昨今の安さは尋常ではありません。
スーパーでは1リットルくらいの容器に入ったものが1000円以下で売られています。
砂糖やブドウ糖、異性化糖などの混ぜものが入っているのだろうとラベルを見ると純粋蜂蜜と書かれています。

一匹のミツバチが一生のうちに集めるのが1gと言われますので、ミツバチの一生の働きが1円にも満たないことになります。
いくらなんでも安すぎると思っていたらこんな話を聞きました。

健康のために世界中の蜂蜜を探して、ついには世界最高といわれる天山山脈に自分用の蜂蜜採取場を作ったある方から聞いた話です。

冬になると花も蜜も少なく蜂も活動しません。冬場に蜂蜜の採取量を落とさないためにはどうしたらよいのでしょうか。
こういう時の中国人の発想は日本人にはマネができないものです。

なんと屋内に巣箱と砂糖水を置き、ミツバチに採取させるのだといいます。
蜂が採取したもので、糖分を加えてなければ純粋蜂蜜ということになるのでしょう。
蜂蜜は冬になるとブドウ糖が白く結晶化しますが、こういう「純粋蜂蜜」が結晶化するかどうかはわかりません。

yjimage.jpg


ニュージーランドに「マヌカハニー」という蜂蜜があります。
ニュージーランドに自生するマヌカの花から採れる蜂蜜で、ピロリ菌を殺す強い抗菌作用があります。
抗菌作用の強さによって値段が変わりますが、一番高いものは500gで4万円近くするものもあります。

マヌカハニーのニュージーランドの生産量は1700t位ですが、イギリスで販売されているものが1800t、世界の販売量は1万tを超えます。
偽物の多くがオーストラリア産ですが抗菌作用はありません。
消費者は大金を出して偽物を買っていることになります。

テレビで蜂蜜の宣伝を見るたびに、蜂蜜はイメージ商品だと感じます。
本当の「純粋蜂蜜」であればよいのですが。



日本人の常識は間違っているのか


日本にグローバリズムが押し寄せたころ、評論家の竹村健一が「日本の常識は世界の非常識」とテレビで言い立てました。
何回もそれを聞いた人は、間違っているのは日本人で、日本人は世界の常識を知らないのだと思ったはずです。
しかし正しかったのは日本人です。

縄文時代より日本人は調和を大切に生きてきました。
弥生時代に入り、大陸から武器が持ち込まれ戦いと殺戮が始まるまで、縄文時代は人を殺した痕跡の無い稀有な時代でした。
それが1万5000年以上続きました。

日本の昔の国名は大和の国です。
「大いなる和」の国です。
調和を何より大切にした人々が住む国でした。
聖徳太子の17条憲法の第一条に「和をもって尊しとなす」と書かれているのも当然です。

日本人の特性の多くが「和を尊ぶ」ことからはじまっています。
日本人はあいまいだと言われます。
良いとも悪いともはっきり言わず、遠慮がちで自己主張が下手です。

日本人がNoというのが苦手なのは人を傷つけたくないからです。
礼儀正しさや丁寧さ、時間を守り約束を守るのもすべて人に迷惑をかけないためです。
その根底には、調和を守ることが人としてもっとも大切なことだと考えてきた日本人の価値観があります。

宇宙の根本原理はバランス・ハーモニーです。
銀河や太陽系が円運動し、原子が円運動するのもバランスを守る最適な運動だからです。
お湯をコップに入れて放置すれば室温まで下がり安定します。
ボールを投げれば、やがて投げたエネルギーと重力がバランスして停止します。
相反する性質の酸とアルカリを混ぜれば中和します。プラスの電気、マイナスの電気もそうです。
自然は勝手にバランスを保つように造られています。!!

不調和は人間の世界にしかありません。

宇宙の法則が神によって作られたとしたら、神は調和を宇宙の中心原理としました。
宇宙には物理法則と心の法則がありますが、どちらも調和・バランスが中心にあります。

日本人こそ最も神の心に近い民族です。(戦後堕落したといえ)
日本人は無宗教だと言われますが、神の心に最も近い民族に特定の宗教は必要ありません。

日本人の常識は神の心にかなったものです。
欲望に振り回されている世界の常識と違うのは当たり前です。

しかし明治維新によって防波堤の中の調和された世界に汚れた大波が寄せてきました。
その中で生きるしかないとすれば、自分たちの心を失わず、しかし周りの世界の権謀術数に目を配りそれを上回る英知で対抗するしかありません。
明治の人たちにはそれができました。

戦後、日本人はGHQの占領政策によって、すべて日本人が悪かったという自虐史観に洗脳されました。
昭和が明治の時ほど賢明ではなく、善良でもなかったとしても、植民地を持つ欧米の国々ほど貪欲ではなく非人間的でもなかったはずです。
欧米が正義で日本が悪であったという洗脳から、もう目を覚まさなければなりません。

日本人の心こそ神の心に一番近いことを、私達は知るべきだと思います。

≪参考≫

日本の戦後に行われたこと

日本の戦いとは何であったか(2)

日本の戦いとは何であったか




短歌

ブログ内検索

QRコードメーカー



フリーエリア